上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ラダックに行こうと思ったきっかけは2年前に観たボリウッド(ヒンディー)映画 で今では1番のお気に入り映画『3Idiots』の最後のシーンの美しさが忘れられなかったからだ。
P1050416.jpg

この映画の最後のほうの場面は、ここインドの北の果てラダックで撮影された。巨大な湖とヒマラヤ山脈そして青空、そこに出てくる子供たちの素朴な顔。それは、今まで想像していたインド、インド人とは全く違うものであった。

映画に出てきたこの湖のシーンがラダックと言うことが分かっても、果たしてそのラダックへ行くことができるのであろうか、そしてその湖へ行くことができるのか、よく分からなかった、それどころか、その頃はまだインド旅行なんて考えてもいなかった。

インド旅行が決まり、ラダックへ行ける事も分かった。インドへ来て、この『3Idiots』が撮影された湖、Pangon Lakeへ行ける事も分かった。
片道5時間、Lehから日帰りもできるが、1泊2日でゆっくり訪れることにした。

ここへの道のりも簡単なものではなかった。この4000mを超える標高にあるどでかい湖へ行くには、再び5000m級の峠を越えなければならないのである。この峠の標高は5360m。世界で3番目に高い位置にある(車が通る)峠。ここはさすがに雪も積もっている。
P1050328.jpg P1050349.jpg



シドニーにずっと住んでいたので、雪を見るのは久しぶりである。(前回見たのは前世紀!)。そして九州生まれでスキーにも行ったことの無い自分にとって、こんなに大量の雪を見たのは初めてであった。インドにて積雪初体験。

今回はちゃんと高山病予防薬を飲んで挑んだため、高山病は回避できたものの、やはり山道ドライブはどっと疲れる。

それでも、目の前にこの湖が現れた時の感動は忘れられない。車を降りたときの気持ちよさは最高。
コバルトブルーとエメラルドグリーンの湖、その周りにそびえる山。そして青空。
こんな景色に迎えられたら、本当に来てよかったと思う。
P1050499.jpg P1050502.jpg

湖そばのゲストハウスに滞在し、次の日のお昼まで湖を見ながらのんびりのんびり平和に過ごす。

P1050512.jpg

どこを見ても綺麗なこの景色。
実はこの湖の2/3は中国側が主張する領土。
その為にここに来るまでに何度もIndian Armyを見かけ、
途中、パスポートチェックもあり。

Ladakhって本当に微妙な所に位置する。
いつまでも平和であって欲しい。
関連記事
2012.07.11 Wed l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。