上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
安宿街パハールガンジを歩く。旅人が騙されるメインバザールを歩く。
え?
なんか違うんでないかい?
アレを買わねーか、旅行の予定はどうなってるとか、予定では何人もの人に囲まれて困り果てるの図。
そしてそこで能天気に人気者セレブの気分を味わう。
と言う事になるんだろうと思ってたら期待ハズレ。
だーれも声掛けてくれない寂しい一人歩きをするのであった。
あ、youtubeで見た太鼓売りがいる。
でも声かけてくんない。
駅の近くに来てかろうじて旅行会社へのお誘いの声を掛けられる。
「ははーん」これだねと、ほくそえみつつ無視して歩く。

次の日に声を掛けてくれてた人物から聞いてわかったのは、
「お前、多分インド人だと思われてるぞ。」だった。
そういえば
「あれ、ばいさっ(ヒンディー語でへい、あんちゃん。)」
って何度か声掛けられたりもしたわ。
確かにこの国には色んな人種が混ざってる。
自分みたいな人がインド人してたって不思議じゃない。

でもこれっていい事?

それならそれで、もっとヒンディーしっかり勉強してくるべきだったと後悔する。
P1010275.jpg P1010276.jpg
P1010277.jpg P1010278.jpg



関連記事
2012.02.02 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/6-42e33021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。