上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
インドで停電は日常茶飯事の出来事。
ここPushkarでは計画停電、無計画停電、共に多すぎ。
まず午前中は毎日6時くらいから8時くらいまで停電。そして9時から再び2時間ほど停電がある。
朝の時間って電気あまり必要とされないのであろうか?
午後ももちろん電気は切れる。
ただ、ホテルや大きい店、一般家庭の一部では、停電にそなえ、自家発電などの設備を備えている所もあり。

夜、マーケットを歩いていたら、突然全てが真っ暗になった事があった。停電である。
一部の店は自力で電気をともすが、ほとんどは真っ暗。
よーく眼を凝らして見ると、真っ暗の店の中で店員がボーっと息を潜めて座っていたりする。
その日は20分ほどで回復した。

明かりが戻ってきた店を覗きながら歩いていたら、床屋の中で髪を切ってもらってるお客さんたちの姿があった。
この人たちって、暗闇の中20分間、ぼーっと待ってたんだろうな。
想像すると笑える。


P1030983.jpg

↑宿の同居人。
関連記事
2012.05.31 Thu l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。