上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
空港からニューデリー駅まで快適METROで移動した後、駅からホテルまで歩いて10分くらいの距離だけど荷物を担いで40度近い気温の中を歩くなんて無理、無理。で、サイクルリクシャーを利用。
80ルピー(160円←やっぱりいつものいい加減レート)なんて言われたけどボッタクリもいいとこ。
分かってはいるものの、頭の中がまだインドレートで考える能力に達していなかったのと、やっぱりこの暑さの中コキコキと自転車をこいでくれる人の背中を想像してしまい値切れなかった。(以前だったら絶対値切っていたのに。)

この(リクシャーワーラーと呼ばれる)運転手は賢かった。
普通に道路を走るとこの道では途中右折ができないためちょっとだけだけど遠回りしてしまう。
そこで、彼は普通に反対車線を逆走し始めた。
まあ、ここではこんな事日常茶飯事。
右に曲がりたいんだから仕方ないでしょうとばかりに普通に走る。
当たり前の事だから、誰も文句は言わずに交わしていく。

上り坂では自転車を降りて押して歩く。
すんません、今回は荷物が重いもんで。
(ちなみにシドニー空港でチェックインの時に量ったら20.01kgだった。制限の20kgをわずかに10gオーバー。)
反対側からやってくるリクシャーはラクチンそうに向かってくる。
P1030860.jpg


すぐ横をバスも向かってくるし
P1030861.jpg

トラックもやってくる。
P1030862.jpg

ここから先は動画で
[広告] VPS


むぉーんと生暖かい風を感じながら色んな景色を見れるサイクルリクシャーライドは楽しい。
関連記事
2012.05.13 Sun l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。