上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
インド来てここに行かないわけないでしょうってことでTAJ MAHAL。

入場料は750ルピー(いつものアバウト計算によると1500円、A$15。)
P1030170.jpg
ちなみに気になるインド人料金は20ルピー。なんだこの差は。

正面のゲートから中へ入ると、今までに何度もTVや本などでみたあのタージマハールがでーーんと目の前に現れる。
何のかんのと言ってもやっぱり実際にこの目で見ると感動するもんだ。
P1030184.jpg P1030178.jpg

さすがに人も多いが、まだ朝早い時間なんで、少ないほうなのかもしれない。
P1030245.jpg

建物内は土足禁止。靴を脱ぐか、
750ルピー払った人が、500mlのミネラルウォーターと共にもらえる
シューズカバーを付ける。
P1030197.jpg

ここから大理石の階段を数段上がって建物の入り口へと向かうわけだが、
右側インド人左側外国人になっている。

案の定、左側階段を上ってたら、セキュリティーの人から
ヒンディーでインド人はあっちじゃみたいなことを言われる。
それも階段の下と上で、ダブル攻撃。
チケットを見せろと言われ、やっと通り抜けられる。
もちろん、他にチケットを見せてる人などいなかった。

えーい、それなら、いっそのこと20ルピーのチケット買うべきだった。

ここインドではインド人が外国人を捕まえて一緒に写真を撮るって事がよくあるらしい。
宿泊先で一緒だったアメリカ人もそういっていた。
日本人も例外ではないらしい。
気ぐるみ着たゆるキャラと一緒に写真を撮るような気分なんだろうか。

もちろん、【もしかしてインド人】みたいな人には声かからない。
しかしなぜか今日は一度だけお願いされる。
それが嬉しかったもんだから、自分のカメラでも同じものを撮ってもらった。
P1030192.jpg
外国人扱い、ありがとう。

再びお金の話になるが、敷地内にあるTAJ MUSEUM、入場料5ルピーだったのがFreeに変わってた。
なんか、すっごく得した気分になる。
P1030238.jpg

インド旅行の前に、ある友達から
「タージマハールって実は田島ハルさんのお墓だって言ってなかった?」
なんて言われた事があった。初耳だった。

確かにウェブサイトでも紹介されてた。
そう考えるとこの巨大な大理石のお墓も身近に感じる

って事はないか。
P1030191.jpg


=========== 追記 ===========

上記のサイトが無くなってしまったようです。
気になる方はこれをご覧下さい。
コピーライト全く無視ですが、
サイト復活まで許してください。と言う事で
tajima.jpg
関連記事
2012.02.26 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/29-95c1f462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。