上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ラジスターン州ジャイプールにあるモンキーテンプルと呼ばれている小高い山の上のお寺へ。
P1020833.jpg

「案内してあげるよ」と声をかける子供たちを振り払い一人で歩いて登る。
山の頂上にあるお寺からの眺め
P1020846.jpg

お猿さんたち、ちょうどランチタイムだった模様。
P1020832.jpg P1020868.jpg

でもなんで食べ物一匹分ずつ(?)皿に盛らなきゃならんのだろう。
だから、帰りに同じ場所を通ったときはこんな状態で散らかし放題。
P1020866.jpg


何を祭ってあるのか分からないが、靴を脱いで中へ入る。
P1020845.jpg

日本の神社で言う神主さんみたいな女性に
“come, sit"と命令される通りにし、
おでこに朱を付けてもらう。
P1020841.jpg

祭られてあるものの説明を簡単に受けたあと
“donatioan?”と聞かれ素直に寄付。

それにしても、この国の人ってとってもダイレクトな命令形。思わず何でも従ってしまいそう。

それでも、写真撮ってあげるよなんて優しいお言葉も。
ただし、その後続く言葉は、
「はい、そこに立って。」
はいはい、何でも従います。
そして、彼女の子供にも一緒に立たせ
仲良く記念撮影をしたのであった。
P1020844.jpg

「かわいいねぇ」なんて言ってたら、その(神主)女性からさらに
「チョコレート?」の一言。
いやあ、ありません。
昨日まではキャラメルが一個バッグに入ってたけど、食べちゃったよ。

ここの神様、好きになりそう。
関連記事
2012.02.23 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/26-d489306f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。