上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ラジスターン州にある別名Blue Cityと呼ばれるジョードプルへニューデリーから飛行機で1時間の移動。
P1020345.jpg

ここの名所は何と言っても今もジョードプルのマハラジャが所有するメヘランガル・フォート。
P1020485.jpg

ここにある博物館へ入るためにゲートの所で入場料を払わなきゃならないが、
チケットカウンターNo1はこんな風。
P1020483.jpg

そして、隣の建物のチケットカウンターNo2は、ガラっと変わってこんな風。
P1020484a.jpg

インドの観光名所はほとんどの所は、インド人と外国人とで入場料が違ってくる。
外国人200ルピーに対して、インド人10ルピーとか普通。
ここのように、カウンターから分けられてる所もあり。

って事で、はいはい、外国人はチケットカウンターNo2に行けって事ですね。
と解釈してNo2へ行こうとしてたら、ちょっと離れたところにいたセキュリティーのおっさんが、あっちだとNo.1の方を指差して叫んできた。
こっちは叫びたくなかったので、あっちじゃないのとNo2を指差すが
いいや、こっちじゃとNo.1をやっぱり指差す。

No.1には何人かインド人が並んでいたけどNo.2には誰もいなかった。
はあ、No.2は開いてないって事なんだとおとなしくインド人列に並ぶ。
ここの料金表示はヒンディーのみで英語無し。

自分の番が来た時に、ちゃんと自己申告した。
「外国人チケット1枚ください。」
返ってきた言葉は
「あっちじゃ。」

ほらね。

なんで?

これから無言でインド人料金払うべきなんだろうか。
ここの入場料だってインド人20ルピー、外国人250ルピーだし。

滞在してるゲストハウスの屋上からの眺め。
P1020490.jpg

夜はライトアップ
P1020497a.jpg
関連記事
2012.02.18 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/25-b373dbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。