上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
デリーで一番大きいモスク、Jamma Masjdを訪れた時
P1020115.jpg

ゲート前で靴を脱いでたら、一人のあんちゃんに声を掛けられた。
「耳掻きしないか。」
噂に聞いた耳掻きやだ。
横には耳掻きしてもらってる『さくら』もいる。

単なる興味半分でいくらか聞く。
50ルピー(100円)。払う気しない。どうせ詐欺みたいなもんだろうから。
「10ルピーなら」とは言ってみたが、無理。
20ルピーでDeal。

ほんのちょこちょこっと、耳掻きで掻いただけで
きったねーのが出てくるわ出てくるわ。
こんなもんがこんなにも何処にたまってたと言うんじゃ。
そして、目薬としか思えないものを取り出し、
「これ、メディシン。ソフトになるよ」とか言って耳に入れようとするが阻止する。
何だか分からんものを耳に入れられても困る。
きっと入れられたら、脳みそがグチャグチャにやわらかくなるんだろう。
はっきりと断る。
「メディシンたった200ルピー。」と聞いてもいないのに言い出す。
そう言うこっちゃろう。さらに断る。

そして、右耳が終わり、「もういいよ。」と言ったにもかかわらず
そうは問屋が卸さないらしく、左耳へと移る。

その時、

衝撃の一瞬を見た!

今、左手が彼が着ていたベストの内側に入った!

そして、耳掻きが耳に入った時
異物が入るのを感じるどころか、耳がふさがった感じになる。

あの、きっちゃねーものを、お前入れたな。

気持ち悪い、さっさと取り出せー。

あんちゃんはそれを取り出し、得意げに見せた。

「ほーれ、こんなに取れたぞ」 なんて言うから、怪しげなヒンディー語で言ってやった。
「ジャドゥー、ヘナ?(和訳:マジックだね。)」
「ジャドゥーか、ははは。」
ってあんだ完全にネタばれなんだけど。

そして、また脳みそがソフトになりそうな(一見目薬風の)メディシンを入れようとするので、さっさと20ルピーを払いその場を去った。

その日、ホテルに戻ってから、綿棒とホホバオイルで念入りにお手入れしたのは言うまでも無い。

Youtubeかなんかで、この耳掻きやを見たことがあったが、ただのお笑いになっていた。
衛生上全くよろしくないってのに。
そして目的はメディシン代と言って余分にお金を取ろうとする。
もっとその辺を観光客の皆さんにお伝えすべきだと思うが。
関連記事
2012.02.17 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/24-1e27728d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。