上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
インド旅行するに当たって、さてどの靴履いて行くべきか考えた。
安くって、履き慣れていて、場合によっては旅行中に捨ててもいいモノ。
どういう事があるか分からないので、あまりカジュアルすぎず、
そして、汚れが目立たないように泥色。

泥色、と言う考え方はなかなか良かった。

が、実際、ちょっと違っていた。

必要だったのは砂色。

インドを歩くと、どこもかしこも砂埃。
ちょっと外を歩くと、なんか砂を頭からかぶったような気になる。

で、一番被害を受けるのが靴。

インド到着1日で、もうこんな状態。
P1020034.jpg

ちょっとウェットティッシュで拭いてみたけど革靴ってわけじゃないのでそう簡単には取れない。
2週間以上もこんなんじゃと思い、

靴磨きをお願いする。20ルピー(40円)なり。
P1020042.jpg

何も言わず黙々と磨いてくれる少年。
さすがに手つきはプロ。
P1020041.jpg

へい、出来上がりだよ。
P1020043.jpg

ピッカピカ
P1020044.jpg

サイドの白い布部分も気にせず、茶色の靴墨で磨いてくれる。
P1020045.jpg
もちろん、そんなの気にしません。もともと安い靴だし(たしかAU$20だった)。
でも、きっとすぐまた砂埃かぶるんだろうな。

そのたびに靴磨きお願いしてたら、模様なしの茶色い靴へと変身することであろう。
関連記事
2012.02.16 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/20-180210b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。