上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近はインドでもバレンタインデー商戦なんたるものが見られるようになったとか。
でも、それは、郊外のちょっとおハイソなショッピングセンターとかだけの話のよう。

そーんな、ハイカラなイベントとは全く関係ないデリーの下町を歩いた。
歩きつかれた所にちょうどインド版スターバックスとも言える「Cafe Coffee Day」のドアマンがにっこり微笑みかけてくれたので、そのまま中に入って久しぶりにエスプレッソマシーンで作ったコーヒーを飲むことにした。

「ラテください。」
「クリーム乗っけますか?」
それって、違うと思うんだけど。
「それともアイスクリーム」
いやいや、ラテが飲みたいんです。

それプラス、ショットグラスに入ったチョコレートムースを頼む。

「お持ちしますので、テーブルでお待ちください。」
なんてサービスいいんだ。

レシートを見てたら
???
IMAG0215.jpg
2種類しか頼んでないのに3品目ある。
3つめは何か分からないが25ルピー(50円)となっている。
なぜ?
とにかく3種類の物が運ばれてくるのを待つ。

来たーーーーーっ。
コーヒーと、チョコレートムースと

薔薇一輪。

いやいや、頼んでないし。それに一人でここに来てるんだからいるわけないし。
これが食べれるものだったら受け付けよう。
でも薔薇一輪となると。

で、レジのお兄ちゃんに要らないんだけどって言ったら、
横にいたお姉ちゃんスタッフが説明してくれた。

「今日はバレンタインデーだから、これがついてくるの。
これは、compulsory(強制)なのよ。」

こういう所でComplimentary(無料サービス)ってのは聞いたことあるが、
無理やりお客さんにお金を払わせるってのは、
なんちゅうか
なかなか斬新なアイデアとでも言おうか。
こんなことしてクレームこないんだろうか?

笑ってしまった。
「いらないから、あげるよ。」とお姉ちゃんスタッフに言って、
テーブルにおいたままだった薔薇を持って戻ったら、
そのお姉ちゃん、離れたところにいたんで、
レジのお兄ちゃんに
「Happy Valentine's Day」と言って渡した。

「Thank you, the same to you」と大きな笑顔で喜んでくれた。

あー、めでたし、めでたし。
素敵なバレンタインデーの思い出をありがとう。

うかつにも写真を撮り忘れたのが残念。

インドってやっぱ楽しい。
関連記事
2012.02.14 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://delhibellyjournal.blog.fc2.com/tb.php/18-1e8632cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。