上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ラージャスタン州の真ん中辺りに位置するジョードプルに新しい観光スポット現る!
と言っても新しく出来た訳じゃなく、270年ほど前にできた『階段井戸』ってやつなんだけど、
去年まで長いこと
階段井戸2014
こんな風にごみがワンサカ浮かぶただの水たまりだったのが、水を抜き出し、綺麗に掃除して元の姿を現したってわけ。


じゃーん、それがこれ。 
階段井戸1  階段井戸2

ちなみにこれをやってのけたのはこの階段井戸の隣に立つちょっと豪華なホテルのオーナー。 別にこの階段井戸の持ち主じゃないはずだろうけど、すげぇ太っ腹。 この辺りでは珍しく1部屋1泊2万ルピー(4万円)もするホテルのオーナーならその位の大したことないのかも。

この階段井戸ってのはインド、特にここラージャスタン州ではいろんな所にあるようだけど、観光で訪れるような大きな町にはあんまり無く、ちょっと離れたところによく見かけられるようで、車やバイクでの移動じゃないとお目にかかれなかったりする。 だから、このジョードプルの階段井戸の出現はありがたい。 有名処の階段井戸ほどでっかくはないけど、それなりの見ごたえあり。 場所は町の真ん中、クロックタワーのすぐ近くで、ホテルやゲストハウスがたくさんある地域。 どっかの歩き方にも載ってるHOTEL HAVELIの真向かい。 ここからだとジョードプル一番の名所メヘランガルフォートへも歩いて(坂道をひたすら登り)20分程度。 だったら訪れなきゃ損。 この階段井戸はガイドブックには載ってないから、目の前の道を素通りして歩いていく観光客もたくさん。 あー、なんてもったいない(って思うのは自分だけ?)。

階段井戸3
階段井戸の一部はムスリム教徒のお祈りの場所になっている。 その入り口には靴を脱ぐようにと書いてあるけど、ムスリム教徒でなければ入らないほうが無難な気がする。
何か所かゴミ入れも設置されたけど、やっぱりここはインド、以前ほどの量じゃないけど、お菓子のパッケージとかがポイっと捨てられる。 けど、お隣のホテル(これは決してHotel Haveliではなく、Raaz ってホテル)の掃除担当の人が毎日掃除してくれてたりする。
町のためにここまでやってのけたホテルのオーナー、偉い人だ。
stepwellcafe
そのホテルがオープンさせた #stepwellcafe 。手描きの看板が景観を損ねてるかもしれないけど、この程度ならいいでしょ。 コーヒーのお値段は155ルピープラスTAX。 クロックタワー近くのチャイ屋のチャイは1杯10ルピーぽっきり。 そりゃあ、チャイ屋に行くっしょ。 でも、一度くらいは試してみたい気になるカフェ。




そ、それにしても、なんなんだ、この突然のブログ更新は....。 前回の更新が2年前だなんて。
スポンサーサイト
2016.02.26 Fri l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。