上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ホテルはインターネットで予約済み。なんとフリー空港ピックアップつき。
空港にはちゃんとお迎えのお兄ちゃんが待っていてくれた。
で、そこで案内してくれたのはプリペイドタクシー。
お兄ちゃんがカウンターでお金を払ってくれて、そこで乗るように言われたのはこの車。
prepaid taxi
でもこの運転手がいなかったため他の車に乗り込む。
同じ型、色のちゃんとしたタクシー何だけど、こっちはあきらかに古い。
よーーーーく見たら、スピードメーターが動いてなかった。
すっげースピードでぶっ飛ばしてるのに、メーターは常に0km/h。
ガソリンは満タンを指していたがきっとこれもうそに違いない。
taxi
なぜか、お迎えのお兄ちゃんは途中で降りてどこかへ行ってしまう。
別にちゃんとホテルに行けるんだったらそれでいいんだけど、
何の説明もなしに、「オーケー、サー。バイ。」と言って突然車降りるかぁ。

好き勝手に走る車やオートリクシャーとリクシャー、反対車線を走る自転車と馬鹿でかい荷物を引く自転車と、
歩道を歩かず車道を平気で歩く人たち。
その間を上手にすり抜けこの車はクラクションを鳴らし続けながらデリーの中心部へ向かう。
このドライバーもそうだが、このデリーで運転してる人みんな
ある意味すばらしいドライブテクニックを持ってると思う。
自分には絶対できない事を、簡単にやってのける。

あと、もうすぐって所で大渋滞に巻き込まれ、ドライバーもあと200mなんだけどと嫌そう。
右折車線が全く動かないのに痺れを切らしたドライバー、
「車だとUターンしなきゃならんから2km走らなければならん、降りるか?」と聞いてくる。
いやいやいや、今さっきそこって指差してホテルの場所教えてくれたっしょ。
この辻褄の合わない真っ赤な嘘、何処の誰が信じるってんだ。
もちろん、何言ってんのとまともに相手せず、何とか行ってもらう。
この右折を過ぎたら、ほんとにすぐだったが、あの交差点の真ん中で下ろされても
荷物を背負ったまま走ってる車の間をすり抜けて歩くのは絶対無理だって。

ここがホテル。ついでに屋上からの眺めとお隣のビルの屋上。
hotel lals haveli from rooftop next door

部屋はこんなふう。room
バスルーム。
bathroom1 bathroom2 washlet

なんだ、ちゃんとトイレットペーパーあるし。
ん、よく見るとウォシュレット。便器横の取っ手をひねるとピューっと便座から水が飛び出す。
使ってみて分かったが、ノズルが出てきてちゃんと的を目指して水が飛び出すのではなく
便座の裏側あたりから発射されるだけなので、それにあわせて自分で的の方をを動かさねばならない。
でもこれで予想とは裏腹に快適なインドトイレライフをおくれるのであろう。




スポンサーサイト
2012.01.31 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
AirAsia X D7213 メルボルン発 01:25am クアラルンプール着 6:40am
     D7172 クアラルンプール発 9:50am ニューデリー着 1:00pm (全て現地時間)

クアラルンプールの空港ではずいぶん歩かされる。
KL LCTT AirAsia aircraft

確か到着時に機内アナウンスで撮影禁止とか言ってたけど、他の人が写真撮っていたんで
きっとターミナルの建物内が撮影禁止なんだったんだと勝手に解釈して撮影してたら
案の定セキュリティーの人から(笑顔で)だめだよと言われたので、こっちも笑顔で謝った。すんません、不慣れなもんで。

今回はエコノミーではなく、料金がその2倍以上するプレミアムシート。
と言っても、このチケット購入のときは片道で買おうとしてたから、
シンガポール航空とかのエコノミークラスよりもちょっとだけ安かった。

座席がほぼ完全にフラットになるシートで、エコノミーで売られるミールとミネラルウォーターがついて
真っ赤っ赤の枕とブランケットが貸し出される。
そして忘れてならないのは、TVスクリーンが座席にも頭の上にも無いって事。
だからMOVIEはBYO(Bring your own)。もちろん有料の貸し出しもあり。
プレミアムシートにはそれぞれにコンセントの差込もあるので、バッテリー消耗の心配なし。
エコノミーにこれがあるのかどうかは不明。
premium seat
NetBook持参でみていたのはBollywood映画 Delhi Belly。

AirAsia Malaysian meal
あまりいい噂を聞かなかった機内食、MEL-KUL間はNasi Lemak (Malaysian Meal)をチョイス。
そりゃあ、見た目はしょぼすぎるけど、味はなかなかいけるじゃないっすか。
少なくともシドニーのチャイナタウンのフードコートで食べるやつよりは美味かった。

そして、KUL -DEL間も、Malaysian Mealを予め予約。
離陸後に綺麗なフライトアテンダントのお姉さんから今食べるか後にするかと聞かれ、
後にすると答えてたら、

どーも
忘れられてた。

もうそろそろ食事かなと思ってたら、
「当機は予定より30分早くニューデリー空港に到着いたします。」との機長からのアナウンス。
な、なんだとぉ。
綺麗なフライトアテンダントのお姉さんたちは着陸準備の片付けとかを始めるし。
この機長さん、急ぎの用でもあったんだろうか。
ったくもう。
2012.01.30 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよインドへ向けて出発。
実を言うと飛行機に乗るのは10年ぶり。情けない...。

10年ぶりのフライトチェックインは、さすがに色々と初めてがいっぱいあった。
まずは、QANTAS国内線でシドニーからメルボルンへ。予約を入れるときにすでに座席指定ができ、当日は家を出る前にSelf Check-in。携帯電話ですませた。そしてこれが『搭乗券』。
qantas eticket


qf self check in
空港はこのようにSelf Check-inのカウンターが並んでいてここで荷物のタグをプリントして荷物に付ける。
以前、空港で荷物のタグ付けを仕事でやってたことがあるとは思えないほどのたどたどしさ。
baggage drop
そしてここで荷物を自分で流して、あとは時間が来たら搭乗口へ。

昔だったら夜8時のフライトだったら1時間半の飛行時間でもディナーのサービスは当たり前。今はさすがのQantasでももう無いんじゃないかなんて勝手に思ってたら大間違い。ちゃんと飲み物付きでこれ。
qf meal
うう、待ち時間にハンバーガーなんか食うんじゃなかった。

メルボルンの空港、国際線は初めて。

ここからはAirAsiaX。出発前にやっぱりインターネットでチェックインしてプリントした紙を
ここでは普通のチェックインカウンターで普通の搭乗券に替えてもらう。
AirAsiaX eticketAirAsiaX boarding pass

パスポートコントロールを通った後はなんだかどこかのデパートかショッピングセンターって感じ。
DFS
この免税店を通り抜けなきゃゲートへはたどり着けなくなっている。よーできちょるなぁ。

mel int apt lobby
メルボルンで行われているテニスの全豪オープンをTVで観戦中の人たち。
おっとこの広告はlobby with signincredible india
Incredible India。それも近いうちに訪れるであろうGolden Templeではないかいな。
おお、まさに『インドが私を呼んでいる』。
2012.01.30 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。