上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ラージャスタン州の真ん中辺りに位置するジョードプルに新しい観光スポット現る!
と言っても新しく出来た訳じゃなく、270年ほど前にできた『階段井戸』ってやつなんだけど、
去年まで長いこと
階段井戸2014
こんな風にごみがワンサカ浮かぶただの水たまりだったのが、水を抜き出し、綺麗に掃除して元の姿を現したってわけ。


じゃーん、それがこれ。 
階段井戸1  階段井戸2

ちなみにこれをやってのけたのはこの階段井戸の隣に立つちょっと豪華なホテルのオーナー。 別にこの階段井戸の持ち主じゃないはずだろうけど、すげぇ太っ腹。 この辺りでは珍しく1部屋1泊2万ルピー(4万円)もするホテルのオーナーならその位の大したことないのかも。

この階段井戸ってのはインド、特にここラージャスタン州ではいろんな所にあるようだけど、観光で訪れるような大きな町にはあんまり無く、ちょっと離れたところによく見かけられるようで、車やバイクでの移動じゃないとお目にかかれなかったりする。 だから、このジョードプルの階段井戸の出現はありがたい。 有名処の階段井戸ほどでっかくはないけど、それなりの見ごたえあり。 場所は町の真ん中、クロックタワーのすぐ近くで、ホテルやゲストハウスがたくさんある地域。 どっかの歩き方にも載ってるHOTEL HAVELIの真向かい。 ここからだとジョードプル一番の名所メヘランガルフォートへも歩いて(坂道をひたすら登り)20分程度。 だったら訪れなきゃ損。 この階段井戸はガイドブックには載ってないから、目の前の道を素通りして歩いていく観光客もたくさん。 あー、なんてもったいない(って思うのは自分だけ?)。

階段井戸3
階段井戸の一部はムスリム教徒のお祈りの場所になっている。 その入り口には靴を脱ぐようにと書いてあるけど、ムスリム教徒でなければ入らないほうが無難な気がする。
何か所かゴミ入れも設置されたけど、やっぱりここはインド、以前ほどの量じゃないけど、お菓子のパッケージとかがポイっと捨てられる。 けど、お隣のホテル(これは決してHotel Haveliではなく、Raaz ってホテル)の掃除担当の人が毎日掃除してくれてたりする。
町のためにここまでやってのけたホテルのオーナー、偉い人だ。
stepwellcafe
そのホテルがオープンさせた #stepwellcafe 。手描きの看板が景観を損ねてるかもしれないけど、この程度ならいいでしょ。 コーヒーのお値段は155ルピープラスTAX。 クロックタワー近くのチャイ屋のチャイは1杯10ルピーぽっきり。 そりゃあ、チャイ屋に行くっしょ。 でも、一度くらいは試してみたい気になるカフェ。




そ、それにしても、なんなんだ、この突然のブログ更新は....。 前回の更新が2年前だなんて。
スポンサーサイト
2016.02.26 Fri l 未分類 l top
PHOTO_20130129_132225-1.jpg
スィク教徒の総本山Amritsarのゴールデンテンプルへ去年に引き続き再び来てしまった。

町の中を歩いていたらこんな看板。

P1060940-1.jpg
よく見るといたるところに似たようなサインあり。
どうもこのkulchaと言う物がここアムリットサルの名物料理とみた。
早速店に入り35ルピーのカリフラワー入りkulchaとともに25ルピーのラッシーを注文。

PHOTO_20130129_143021-1.jpg
このkulcha外側はサクサクしていて 、カレー味では決してないけどインド風味。
もれなく豆カレーが一緒に付いてきて、他のテーブル見てたらこのカレーおかわり自由っぽい。
しかしそんなにお腹減ってる訳じゃないので、お断り。

それにしても入り口に座ってるオヤジ約2名。
P1060938-1.jpg
オーナーだか何だかわからないが、会計担当のよう。
入り口にいるからって「いらしゃい」なんて声をかけるわけは絶対ありえない。
「勝手に入って座れば?」とでも言われそうな雰囲気。
ただボーっと座っておられる。
食事が終わって会計の時もこちらから
「すみませーん、お金払いたいんですけど」と自己申告。
本当に2人いる意味が全くわからない。
まあこれが普通と言えば普通なんだけど。
2013.01.30 Wed l 未分類 l top
「なんだか、突然更新が途絶え中途半端なまんまで放っておいてしまってたようです。
 もし、このブログを定期的に見ていただいてた方がいらっしゃいましたら、大変失礼いたしました。
 インドで温泉に浸かってそのまま溺れてしまったのではないかと思われたかもしれませんが、
 その後、ラダックで最後の日々を過ごした後、無事にシドニーに戻ってきておりました。
 ご報告遅れて申し訳ありません。

 で、

 突然ではありますが、再びインドに行くことにしました。
 本当に突然の思いつきで、インドの観光ビザを取り、フライトの予約はしたものの
 それ以外、まだ何も準備できておりません。
 果たしてどうなることやら。

 と、言う事で、このブログ、再開間近であります。」
2013.01.15 Tue l 未分類 l top
ラダックを出て、どうしても行きたかった所がある。
あの、過酷な山越えコースを戻り、Manaliからローカルバスに揺られ4時間。
Manikaranと言う山の中の村である。

辛い移動を選んでまでここへ来た理由は、ここに温泉があるからである。

ちなみにManaliからほんの3kmの所にあるVashsht村にも温泉が湧き出ていて
ヒンドゥーのお寺の敷地内で温泉に入れるようになっている。
P1040440.jpg
前回Manaliを通った時にここに行ってみたが、周りに人はいるけど誰も入ってない。
足をつけてみて分かった。熱い。やたら熱い。
P1040469.jpg
これじゃ、入れるわけない。
足だけお湯に入れていたが、長時間は無理。
でも、それだけでも気持よかった。
側ではおばちゃんが温泉のお湯で洗濯。
P1040457.jpg

後で会った日本人の人に聞いた所によると、夜は水温が少し低くなり入浴できるらしい。


やっぱりお湯にしっかり浸かりたいと言う願いからラダック滞在の後、マニカランへと向かった。
着いた先は、温泉地の雰囲気ありあり。
P1060270.jpg

プールみたいな露天風呂も道路から見える。
P1060285.jpg

川の側には湯気も出てるし。
ただ、硫黄のような臭いとかは全くなし。
そして、ここの特徴はシーク教の巡礼地とあって、ターバンを巻いた主に隣の州Punjabから来ている人がたくさんいるのである。
P1060301.jpg

おまけにここを訪れた時期(5月、6月)はインドは夏休みの季節。家族連れがとんでもなく多かった。
そしてここにも牛。
P1060288.jpg

今回訪れた時に入れた大きい浴場は2箇所。
川沿いの露天風呂と、
P1060300.jpg
シーク教のお寺の下にある室内の浴場。
P1060278.jpg

基本は下着もしくは水着着用。
脱いだ服を置いておく棚が浴槽の脇にあり、お湯に浸かっていても見える所にあるので安心。
あったかいお湯に浸かり「ああ、気持ちえぇ」と思って周りを見ても
あまりお湯に使っている人はいない。
ほとんどは浴槽の脇で念入りに石鹸でゴシゴシ体を洗っている。
ちょっと熱めだったけど、気持よく浸かれたこの温泉、インド人にはやっぱり熱すぎた模様。
インド人の人たち頑張ってちょっと入ってもすぐ出ていったりする。
なんかもったいないな、などと思いつつ、一人のんびりお湯に浸かり山越えの疲れを癒すのであった。

P1060287.jpg
実際、ここに来た時の疲れはひどく、温泉に入ること以外は何もできず、ゲストハウスでひたすら寝ていた。
お陰で体調も戻り、次の目的地へ向かうべき予定を立てようとするが、
やっぱり、どうしても、どうしても、ラダックに戻りたい、そんな思いが強くなり、
戻ることにした....。

でも、今度はDelhiに一旦戻り、飛行機でお金はかかるが、らくらくコース。

それにしても、行動範囲の狭すぎる旅行である。
2012.07.31 Tue l 未分類 l top
ラダックでは1泊2日でホームステイなんぞも体験してみた。
場所はラダックの中心地Lehからローカルバスで30分ほどの所にあるStokというのどかな村。
ここにもゴンパはもちろん昔のパレスなんかもある。
P1060044.jpg P1060049.jpg

こんな景色に囲まれながらの滞在。
P1060092.jpg

庭では女性軍は羊の毛から糸を紡ぎ、
P1060064.jpg P1060066.jpg

おじいちゃんはラダック独特の靴を編みあげていく。
P1060067.jpg P1060068.jpg


庭の隅を流れる雪解け水が流れる小川で洗濯。
P1060083.jpg

ラダックの家のキッチン。
P1060101.jpg

お茶を飲んでたら、一緒にくれた『チャン』と呼ばれるドブロクのようなもの。グビッ。
P1060098.jpg

夜9時を過ぎてからのディナーはラダック料理『スキュー』。
P1060129.jpg
これはイタリア料理のニョッキみたいなものが入った野菜シチュー。
美味しくってガンガンお代わりしてしまう。

チャイとかに使われるミルクはいつも搾りたて。
P1060120.jpg

その牛が落としたものは冬場の大事な燃料。
P1060137.jpg

のんびりと気持ちいい貴重な体験だった。
2012.07.27 Fri l 未分類 l top
   「すみません、素直に白状します。

   P1040220.jpg
   Humayun's tomb (Delhi) 入場料 インド人10ルピー/外国人250ルピー

   P1040265.jpg
   Purana Qila (Delhi) 入場料 インド人5ルピー/外国人100ルピー

   P1050817.jpg
   Leh Palace (Leh) 入場料 インド人5ルピー/外国人100ルピー

   以上のところ、インド人料金で入ってしまいました。ごめんなさい。」

P1040266.jpg

さすがに一人でこれをしでかすには小心者すぎるため、インド人の友達と一緒の時のみ実行。
でも、このほうが、途中で止められること無くすんなり進めるのはなぜ?
(ちなみにHumayun's tombは2度めに訪れた時のみ。)
いっその事、インドの市民権取っちゃおうかな。

2012.07.25 Wed l 未分類 l top
LehのChangspa Roadに骨董品と土産物を扱う店を経営する若きラダック人JAIとは大変親しくなり、この店で毎日、随分長い時間を過ごした。
IMAG0405.jpg

ここにはいろんな国からの観光客がやって来るわけだが、その中にはもちろん日本人もいる。
そして彼は「こいつは、ラダック人だけど日本語がペラペラなんだ。」と
日本人のお客さんが来るたびにおもしろがって言っていた。
「この人は日本人です」と言えば「え、冗談でしょ」って顔されるのに、
「この人はラダック人」だと、はあ、そうですかとすんなり納得される。
だったら仕方ない、彼に話を合わせて自分はラダック人だと言うことにして
普通に日本語を話し始め、「日本語上手ですね」と言うお褒めの言葉をいただく。

悲しいかな嘘が苦手と言うか、下手な性分。
話が長くなってくるとつい、日本人だと白状をする。
(そうすると、余計驚かれてしまうこともしばしば。)

でも、本当のこと話す前に店を出ていかれたお客さんもいたりするわけで、
あー、ごめんなさい。うそだったんです。
別に、騙して物を売るとか、そういう類のことじゃないんで、許してくだされ。

P1060259.jpg
(↑左側の棚がガラガラなのは、大掃除中のため。)

P1060261.jpg
「パシュミナショールはいかがでしょうか。」
2012.07.24 Tue l 未分類 l top
ラダックはチベット系の人が多いから一見日本人だかラダック人だかわからない人が多い。そして他の人種の人達もたくさん。だから現地の人に間違えられる日本人もいるようだが、自分の場合、普通にラダック人扱いをされ、なかなか日本人には認めてもらえない。
ある日、ラダック人友達の家族が討論した結果は「おまえはムスリム系のラダック人だ」であった。普通、日本人なら、チベット系でしょうよ。まあ言葉喋れないのに現地の人からラダック人として認めてもらえる事は光栄なので素直に受け入れます。
先日もその友達の店でいつものごとく邪魔をしていたら、彼の知り合いの女性が店にやって来た。「ジュレー」と元気よく挨拶した後は彼との会話が始まったので、自分のやりたい事をやっていた。数分後、その友達が英語で「おい今この人お前に話しかけたのになんで無視するんだって言ってるよ」といいやがる。さすがにラダック語で話しかけられちゃあ分かりませんよ。とんでもなく失礼なヤツになってしまった気分。言うまでもなく似たような経験はわんさかあるんですけどね
見てくれだけラダック人、インド人じゃなく、なんとか言葉も(楽して)理解出来るようになれないものだろうかと思っているズボラな今日この頃でした。
2012.07.19 Thu l 未分類 l top
ここ、ラダックで見かけるスナック菓子。
P1050816.jpg

よく袋がパンパンに膨らんでいたりする。
気圧のせい?

P1050668.jpg
ちなみにロッテのチョコパイ。箱をあけてばら売りされていた。一つ10ルピーなり。
パンパンに膨らんだ袋に入っていても、中身は何も変わらない味である。
できれば中身も大きくなっていたら得した気分になれたのに。
2012.07.13 Fri l 未分類 l top
ラダックに行こうと思ったきっかけは2年前に観たボリウッド(ヒンディー)映画 で今では1番のお気に入り映画『3Idiots』の最後のシーンの美しさが忘れられなかったからだ。
P1050416.jpg

この映画の最後のほうの場面は、ここインドの北の果てラダックで撮影された。巨大な湖とヒマラヤ山脈そして青空、そこに出てくる子供たちの素朴な顔。それは、今まで想像していたインド、インド人とは全く違うものであった。

映画に出てきたこの湖のシーンがラダックと言うことが分かっても、果たしてそのラダックへ行くことができるのであろうか、そしてその湖へ行くことができるのか、よく分からなかった、それどころか、その頃はまだインド旅行なんて考えてもいなかった。

インド旅行が決まり、ラダックへ行ける事も分かった。インドへ来て、この『3Idiots』が撮影された湖、Pangon Lakeへ行ける事も分かった。
片道5時間、Lehから日帰りもできるが、1泊2日でゆっくり訪れることにした。

ここへの道のりも簡単なものではなかった。この4000mを超える標高にあるどでかい湖へ行くには、再び5000m級の峠を越えなければならないのである。この峠の標高は5360m。世界で3番目に高い位置にある(車が通る)峠。ここはさすがに雪も積もっている。
P1050328.jpg P1050349.jpg



シドニーにずっと住んでいたので、雪を見るのは久しぶりである。(前回見たのは前世紀!)。そして九州生まれでスキーにも行ったことの無い自分にとって、こんなに大量の雪を見たのは初めてであった。インドにて積雪初体験。

今回はちゃんと高山病予防薬を飲んで挑んだため、高山病は回避できたものの、やはり山道ドライブはどっと疲れる。

それでも、目の前にこの湖が現れた時の感動は忘れられない。車を降りたときの気持ちよさは最高。
コバルトブルーとエメラルドグリーンの湖、その周りにそびえる山。そして青空。
こんな景色に迎えられたら、本当に来てよかったと思う。
P1050499.jpg P1050502.jpg

湖そばのゲストハウスに滞在し、次の日のお昼まで湖を見ながらのんびりのんびり平和に過ごす。

P1050512.jpg

どこを見ても綺麗なこの景色。
実はこの湖の2/3は中国側が主張する領土。
その為にここに来るまでに何度もIndian Armyを見かけ、
途中、パスポートチェックもあり。

Ladakhって本当に微妙な所に位置する。
いつまでも平和であって欲しい。
2012.07.11 Wed l 未分類 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。